広報パーソンのつぶやき

事業会社の広報担当者と広報コンサルティングの経験からコミュニケーション全般をメインに、ライフスタイル風なネタも。

絶対抜かれてはならない戦い

f:id:yhkhashimoto:20151122113557j:plain

 企業を担当する記者(全国紙であれば経済部、日経であれば企業報道部)にとって、取材意欲を駆り立てるテーマとして「M&A」そして「社長人事」があります。これらを他紙に先駆けてスクープすることが記者の大きな勲章となり、「日経の〇〇記者は・・・を抜いた記者だ」とその名を刻まれることになります。

 

 裏を返せば、広報担当者にとって「絶対抜かれてはならない」テーマであり、サッカーの日本代表ではありませんが、「絶対負けられない戦い」と言っても過言ではありません。3月期決算の企業の社長人事は2月から5月までの間に発表されることが多く、記者にとっても広報にとっても、気の抜けない季節となります。

 

 最も大事なことは情報漏洩をいかに防ぐかにつきます。つまり徹底した情報管理が必要です。以下のようなポイントを押さえておくべきでしょう。

  • 情報はごく限られた人物以外には漏らさない。
  • リリース等の作成、写真や会場の手配も責任ある立場の方が秘密裡に行う。
  • 社長、新社長、他役員のインタビュー設営を控える。
  • 夜討ち朝駆けも予想されるが、出来るだけ面会を避けていただく。
  • トップ(あるいは広報担当役員)との情報交換をいつも以上に密にする。

 

 このほか、「発表直前は携帯の通じないところへ退避しておく(=普段のように容易にマスコミとコンタクトしない)」、「リリース等の作成は部員が帰社後に行う(一度退社した後に再び会社に戻ってくる)」、「部員には当日にその事実を伝える」、「発表日が近づいたら新旧社長は家には帰らずホテルに宿泊する」等が行われることもあります。

 

 「歴代の社長人事を抜かれたことがない」と豪語していたある会社の広報部長を知っていますが、その後、その会社の社長人事が日経の1面に特報として掲載されました。それだけお互いの激しいせめぎ合いがある取材テーマです、