広報パーソンのつぶやき

事業会社の広報担当者と広報コンサルティングの経験からコミュニケーション全般をメインに、ライフスタイル風なネタも。

いざ図書館へ!おススメのジャズアルバム(下)

 

 おすすめジャズアルバムの最終回です。

 

11. Miles Davis: Four & More (1966)

Four & More

 Milesの代表的ライブ盤の一つ。名盤“Kind of Blue"の代表曲である“So What”がここでも一曲目ですが、その高速ぶりにまず度胆を抜かれます。

 

 他の曲もドラムのTony Williamsにあおられるように高速ドライブが続きます。“Walkin'”ではなく、「“Runnin”じゃないか」という感想をネットで見かけましたが、言いえて妙。


 村上春樹和田誠による「ポートレイト・イン・ジャズ」で本アルバムを取り上げており、これがきっかけで数年前に購入。大いに満足しています。このアルバムの発売の翌年に初来日が実現、その時の“Miles In Tokyo”も一聴の価値ありです。ここでも“So What”は高速です。

Miles in Tokyo

 

12. Miles Davis: Bitches Brew (1970)

Bitches Brew


 “In a Silent Way”という(これはこれで名盤)アルバムが本作の前に出ていますが、このあたりから、それまであまり使わなかったエレキギターやエレキピアノを駆使した演奏による「エレクトリックマイルス」に変貌を遂げます。

 

 本作はその集大成とも言うべき作品。「ジャズとロックの融合」といった文脈の批評もよく見かけます。

 

 2枚組の大作ながら6曲しか入っていません。タイトル曲は30分近くに及びます。最大の聴きどころは“Spanish Key”です。初めて聴いたときの感動が忘れられません。60年代前半までのMilesの音楽を念頭において聴くと、いい意味で期待を裏切ってくれます。

 

13. Weather Report: 8:30 (1979)

8:30

  

 昔は音楽鑑賞の環境が今ほど整っていませんでした。音楽の入手法といえば、少ない小遣いの中から、レコードを自腹購入、友人からレコードを借りるかカセットテープへの録音を頼む、貸しレコード屋で借りる、そしてFMでエアチェックする、という四つの方法ぐらいでしょうか。

 

 このレコードが発売間もないころ、友人宅で初めて聴きました。すでにジャズ界のスーパーグループとして一世を風靡していましたが、その頂点ともいえるライブ+スタジオ録音盤です。“Bird Land”や“Black Market”そして“A Remark You Made”などの名曲群に胸が躍る、思い出深いアルバムの一つです。

 

14. Pat Metheny: Secret Story (1992)

Secret Story

 Patの代表作という評価を見かけます。その多彩な作品群のうち、おそらく2、3割程度しか聴いたことがない筆者ですが、好きな曲が最も多いアルバムという意味で、その評価もうなずけます。メロディアスな曲が多く、モダンジャズが苦手な人にこそおススメです。

  

15. Pat Metheny Group: We Live Here (1995)

We Live Here

  このころのPatのアルバムは良作が多いと思います。実際に購入したCDは89年発売の“Letter From Home”のみですが。本作はバランスよく良曲が並んでいると感じます。ライブ盤でもあるし。

 

 以上です。まとめると以下の通りです。

 

1.Antonio Carlos Jobim: Wave (1967)
2. Bill Evans Trio: Waltz for Debbie (1961)
3. Casiopea: Mint Jam (1982)
4. Chick Corea: Return to Forever (1972)
5. Incognito: Positivity (1994)
6. John Coltrane: Blue Trane (1957)
7. Keith Jarrett: Koln Concert (1975)
8. Keith Jarrett: Carnegie Hall Concert (2006)
9. Keith Jarrett: Jasmine (2010)
10. Miles Davis: Kind of Blue (1959)
11. Miles Davis: Four & More (1966)
12. Miles Davis: Bitches Brew (1970)
13. Weather Report: 8:30 (1979)
14. Pat Metheny: Secret Story (1992)
15. Pat Metheny Group: We Live Here (1995)

 

  “No Music, No Life."です。