広報パーソンのつぶやき

事業会社の広報担当者と広報コンサルティングの経験からコミュニケーション全般をメインに、ライフスタイル風なネタも。

愛猫カイ君にかかる月々の費用をアンケート調査と比べてみた

 f:id:yhkhashimoto:20150831232514j:plain

 犬や猫は80種類ぐらいの言葉を理解できるのだそうです。犬は利口な印象があるので、「そうかな」と思います。しかし当家のオス猫のカイ君を観察していても、とてもそれだけの言葉を理解しているとは思えません。せいぜい「カイ君」、「お腹すいた?」、「こっち」の三言くらいでしょうか。

 

 間もなく我が家に来て一年を迎えますが、これまでを振り返ると、トイレ以外での大きいほうの粗相、台所からの生卵や飲料入りコップの故意?の落下、といった残念な出来事もありましたし、脱走事件もありました。去勢手術の際には得難い経験もしましたが、今では大事な家族の一員です。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

  ところで、猫の飼育にかかる費用について興味深いデータがありました。

www.pet-soken.jp

 

 上記の調査によれば、月額の費用は約1万円とありました。「えぇ そんなにかかるの?」という印象があり、比較してみました。(左がアンケート結果、太字が我が家で、いずれも概算です。)

 ①ペットフード代 ⇒3000円、1000円

 ②おやつ代 ⇒1000円、0円

 ③トイレ用品代 ⇒1600円、500円

 ④その他ペット用品代 ⇒1600円、200円

 ⑤治療費 ⇒1500円、0円

 ⑥その他医療費 ⇒1200円、5000円

 ⑦その他(ペットホテル、ペット保険等) ⇒3000円、0円

 

 ⑥の費用が突出していますが、去勢費用にプラスαがかかってしまったためのもので、これにワクチン3回分を含めるとこのぐらいになります。他はどれもかからないか平均を下回っています。

 

 おやつはあげていませんが、そのかわりに通常のドライフードに大好物のウェットフードを混ぜて、毎朝与えています。トイレに流せるおからの猫砂は、アマゾンでまとめ買いをしています。

 

 

 医療費はかかってしまうことも想定しておくべきですが、それ以外の費用は思ったほどかからないというのが、1年間の同居で感じる印象です。