広報パーソンのつぶやき

事業会社の広報担当者と広報コンサルティングの経験からコミュニケーション全般をメインに、ライフスタイル風なネタも。

4月1日といえば、定番の広報ネタ「入社式」

今週のお題「印象に残っている新人」

f:id:yhkhashimoto:20160302164922j:plain

■4月1日の定番ネタ「入社式」

 4月1日といえば、新年度の初日。多くの企業で新入社員の入社式が行われます。企業の採用は景気動向に大きく左右されるため、各マスコミはこぞって、取り上げることになります。特に社長の式辞には注目が集まる。

 

 2日の読売新聞では、「攻勢」と「逆境」に分類しています。「攻勢」にはトヨタ自動車日産自動車日立製作所、三井住友FG、野村HD、日本郵政大成建設東京電力HDの8社。「逆境」には東芝、シャープ、旭化成東洋ゴム三菱商事の5社でした。

 

 同じ日の朝日新聞でも、”攻める”企業と、不祥事や経営難と向き合う企業の対比で取り上げています。登場順にホンダ、イオン、日産自動車日立製作所楽天、ANAHDの6社。が”攻める”企業。飛行機の前で、ANAHDの社長が新入社員とともに収まるカラー写真が使われています。

 

 一方、再起にかける企業には、不正会計問題のあった東芝、ホンハイの傘下に入り再建を目指すシャープ、免振ゴムの性能偽装問題の東洋ゴム、そして”傾きマンション”の売主を子会社に持つ三井不動産の4社でした。

 

■入社式をもっと広報活動に活用しよう

 他の新聞でも入社式の動向が報道され、4月2日の紙面で入社式の動向が伝えられるのは、定番といっていいでしょう。全国紙だけではありません。地方紙、あるいは全国紙地方版なら「県内企業」が、専門紙なら「業界企業」という風に。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

 スポーツ紙も例外ではありません。「頑張れ新社会人 91万人第一歩」と題したベタ記事が2日の日刊スポーツにありました。シャープ、旭化成東京電力HD、大成建設の4社の社長訓示が紹介されています。

 

 写真も2枚ありました。福島のスパリゾートハワイアンズのダンサー養成学校に入った新入生と先輩フラガールと車に夢を書き込む日産自動車の新入社員たちです。

 

 ダンサー養成学校を運営する会社がリリースを配信しています。

prw.kyodonews.jp

 

 入社式も立派なネタです。話題になった企業が取り上げられやすいのが常ですが、県内企業とか市内企業とか業界企業という「くくり」なら、取り上げられる確率はグッと高まります。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

 「初心忘れるべからず」ということわざがあります。若い時の失敗や苦労を忘れるなという戒めですが、必ずしも「若い時」に限らず、他に二つのタイミングがあります。それは「歳を経て積み重ねられたその時々」と「老齢期」です。初心にも三段階あるということです。改めて新人に送りたい言葉です。

yhkhashimoto.hatenablog.com

f:id:yhkhashimoto:20151028152550p:plain