広報パーソンのつぶやき

事業会社の広報担当者と広報コンサルティングの経験からコミュニケーション全般をメインに、ライフスタイル風なネタも。

広報も時には「果報は寝て待て」

f:id:yhkhashimoto:20160108195137j:plain

■取材のフックがない時は?

 「良質なメディアに前向きな記事を掲載されたい」という想いは多くの経営者に共通することです。先日もそうした相談を受けました。企業や団体とメディアの間を仲介し、掲載へのつなげていくことを生業としているので、その意味では有り難いことです。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

 記事にするにはそれなりの話題やニュースがないといけません。メディアが触手を動かす“フック”があって初めて取材が実現します。“フック”とは文字通り「引っかかり」のこと。メディアに「この会社おもしろそうだから取材してみようか」と思わせる何かがないと、無駄な労力になってしまう可能性の高い、しんどい作業になります。

 

 経験上、「これは記事になりそうだ」とか難しそうだとか、ある程度わかります。取材に至るには、「他には新しい何か」、そして「ちょっとしたサプライズ」がその“フック”だと考えていますが、それがない場合はどうしたらいいでしょうか。次のどれを選択すべきでしょうか。

 

A:「もう一度“フック”になりうるものを必死に探す」

B:「“フック”になるものを新たに作る」

C:「ないものはしょうがないとあきらめて、(広報以外の)別の手を考える」

 

 どれも正解です。AやBの場合、特に第三者の目で自分たちの会社を見てもらうことで、意外なことに気がつくことが多いものです。当たり前のことだと思っていた、会社の常識が実はそうでなかったり。

 

 そんなのニュースになるはずがないと思いこんでいたものが、十分ネタとして通用しそうだったり。外部の協力を得ることも選択肢の一つとして考えても良いと思います。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

■「広く聴く」ことも広報の重要な役割

 広報のことを英語でPublic Relationsといいます。「公共との(より良い)関係作り」という意味になりますが、ここには広報という意味のほかに、広聴という意味もあります。広報が「『双方向』コミュニケーション」といわれる所以がここにあります。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

 広く報じることに意識が向かいがちですが、新聞やテレビなどあえて、ネット以外から情報を得るように心がけたり、いろんな人と努めて情報交換をしてみたりすることで、新たな気付きを得ることは少なくありません。「広く聴く」ことで「広く報せる」ヒントが得られるはず。

 

 Cも侮れません。AやBを十分検討した結果、「やっぱりない」と悟ったのに、無理をする必要もありません。広報も万能ではないのだから。実情を知らないと、記事を良質な媒体にねじ込んだり、拝み倒して記事にしてもらったり、といったことがまかり通っていると思われがちですが、そんなことは筆者の知る限りはありません。

 

 「果報は寝て待て」といいます。機が熟すまで、広報以外に会社の好感度が上がる方法をいろんな角度から検討してみるいい機会です。

f:id:yhkhashimoto:20151028152550p:plain