広報パーソンのつぶやき

事業会社の広報担当者と広報コンサルティングの経験からコミュニケーション全般をメインに、ライフスタイル風なネタも。

千葉と温泉の意外な関係

f:id:yhkhashimoto:20160928190156j:plain

■千葉と温泉の意外な関係

 草津、日光、箱根に湯河原。関東には全国的に知名度の高い温泉が数多くあります。その中で地味な存在なのが千葉県です。

 

 ところが2年ほど前の新聞記事の地方面(朝日新聞2014年1月7日)に、「千葉には93か所の温泉があって、全国で11番目の多さ」と。県内に在住しながら、千葉と温泉は縁が薄いという先入観がひっくり返されました。まさに「灯台下暗し」です。

 

 千葉と温泉が結び付きにくいのは、有名な温泉が少ないのと、そもそも「温泉は火山の近く」というのが定説だからだと思います。千葉には火山がありません。このため、地熱によって、水脈が熱せられたものは少なく、県内の温泉の大半は冷泉です。つまり、これを温めて使っているということになります。

 

 ちなみに温泉とは、25℃以上であるか、水温が低くても塩分・鉄分・硫黄などの成分が一定量含まれているものを指します。記事によれば県内には「156本の源泉のうち、温度が42℃以上の熱いお湯は3本だけ」です。

 

 温泉が特に多く集まる地域が南房総です。館山市南房総市には、お湯の種類も豊富なうえに、海沿いの温泉が多いので、海の幸や絶景も併せて楽しむことができます。館山はきれいな夕日が有名だし、外房側は、朝日がきれいです。今日はきれいな夕日を見て次の日は朝日を楽しむこともできます。

 

 新聞記事を読んでから、いつか行こうと心に決めていきましたが、ようやくそのひとつの温泉施設を訪ねる機会を得ました。有名温泉地にはない、素朴な感じが自分には合っています。都心からほど近いのに、箱根や草津のようにメジャーな温泉地ではない、南房総の温泉巡りも時には悪くないと思います。

 

■千葉の絶景ポイントといえばこれ

f:id:yhkhashimoto:20160928190154j:plain

 千葉にある絶景ポイントとして、奇岩・名勝の地として知られる鋸山(のこぎりやま)があります。南房総の温泉探訪を機に「ようやく」ロープウェーに乗ることができました。というのも、以前ロープウェー乗り場まで来ながら、「営業中止」のために乗ることが出来なかったことがあったからです。歩いて登ることも可能ですが、そうした元気もなく、あえなく断念するしかありませんでした。

鋸山ロープウェー

 

 「ちょっと風が強い日だな」とは思いましたが、ロープウェーが動いていないなどとは全く思わず、「営業中止」の看板にわが目を疑いました。それ以来、「何のためにここまで来たのか」という想いをずっと持っていたので、今回そのリベンジを果たしたというわけです。

 

 JR内房線浜金谷駅から徒歩約10分で目的地のロープウェー乗り場があります。そこから4分ほどの空中散歩で房総半島からの大パノラマが楽しめます。高所恐怖症には全くおススメしない「地獄のぞき」や18世紀末に原型が造られ、後に復元された日本一の石大仏など見どころもあります。 

f:id:yhkhashimoto:20160928190153j:plain

 

 観光地らしく団体客の姿も多いのですが、ご高齢の方にとっては、かなりの難所です。高低差が結構あるし、未舗装の道もあります。手荷物は少なく、歩きやすい靴と服装でなければ、筆者のように後悔することになります。

f:id:yhkhashimoto:20151028152550p:plain