広報パーソンのつぶやき

事業会社の広報担当者と広報コンサルティングの経験からコミュニケーション全般をメインに、ライフスタイル風なネタも。

シュワっとして口当たりもよく、女性におススメの「スパークリング日本酒」

f:id:yhkhashimoto:20151126110348j:plain

■泡立つ日本酒ブーム?

 半年ほど前に行った日本酒をメインにした居酒屋で、自家製どぶろくのほかに、珍しいものを飲みました。「スパークリング日本酒」です。スパークリングといえば、ワインが定番ですが、女性にもおススメです。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

 発砲する日本酒という珍しさに加え、その口当たりの良さから、女性にも人気だといいます。この時に初めて飲んだスパークリング日本酒でしたが、確かに、炭酸の爽やかな口当たりが日本酒の独特の風味と相まって、「日本酒は苦手」という人にもおススメできます。同時に、「サクサク飲めるので、(酒好きは)飲みすぎに注意」とも感じましたが。その点は、このお店の看板メニューの「自家製どぶろく」同様です。

 

 年が明けた1月3日の朝日新聞の社会面に、「乾杯しよう 泡立つ日本酒で」というスパークリング日本酒にスポットをあてた記事が出ていました。全国の9つの蔵元が昨年11月に設立した「awa酒協会」され、この春に認定事業を始めるなど日本酒業界の活性化を図るのだと。

 

 協会のHPを見ると、「世界のラグジュアリーな乾杯シーンで日本のawa酒がシャンパンやスパークリングワインと肩を並べる存在になることを目指し、国内の蔵元同士の連携を強めるとともに、awa酒の認定基準を定めることによる品質向上を図り、普及促進に努めていく」とあります。

www.awasake.or.jp

 

ビールやシャンパンの代わりに

 アルコール発酵の途上にあるにごりを火入れせずに、そのままの常態で瓶詰めするため、瓶の中でも発酵が続くので、炭酸ガスが閉じ込められた状態になるのだといいます。

 

 スパークリング日本酒が世に出たのは、今から約20年ほど前。宮城県を代表する日本酒「一ノ蔵」が発売した「すず音」が火付け役だと記事にあります。発売当初から女性をターゲットにしていたといい、15年ほど前から安定して出荷できるようになりました。販売量は当初から5倍に増えたといいます。

発泡清酒 すず音 300ml×3本セット

 

 その後、宝酒造が「澪」を11年に出して、日本酒になじみのない層に広がっていきました。ちなみに瓶内発酵が主流ですが、この「澪」のように炭酸ガスを加えるタイプもあるようです。

発泡 松竹梅白壁蔵 澪150ml・澪(DRY)150mlオリジナルフルートグラスセット 飲み比べセット 150ml×2

 

 

 お祝いの席にお酒は欠かせないものです。ビールやシャンパンが乾杯に出てくるお決まりのお酒ですが、これらに代わって、スパークリング日本酒がこうした場で増えてくるかも知れません。国内のカーレースではシャンパンファイトならぬ、スパークリング日本酒ファイトが行われているそうです。

【スーパーフォーミュラ】 表彰台で使用の“スパークリング日本酒”に限定品 【 F1-Gate.com 】

f:id:yhkhashimoto:20151028152550p:plain