広報パーソンのつぶやき

事業会社の広報担当者と広報コンサルティングの経験からコミュニケーション全般をメインに、ライフスタイル風なネタも。

人生最期の食事には「春」を楽しみたい

お題「人生最後の日に食べたいご飯を教えて下さい。」

f:id:yhkhashimoto:20160314162257j:plain

■人生最期の食事には「春」を楽しみたい

 飲んでいるときに「お題」と似たような話題になったことがあります。その時は、「人生最後の日に食べたいものを『二つ』教えて」というものでした。中には食べたいものなのに「キンキンに冷えたビール」と答えるものがいたりして。6人ほどのメンバーでしたが、「●●(レストラン)の●●が食べたい」という人は一人もおらず、手作り系だったのが印象的でした。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

 かくいう筆者も「春巻きと春雨サラダ」と答えました。どちらも長年家で親しんだ手作りのものをイメージしたものです。どちらもなんてことはない食べ物ですが、外で同じメニューを食べるより明らかに自分の口には合っている気がします。やはり食べ慣れたものを最期にも食したいと思います。

 

 「春」でまとめたのは偶然ですが、そう答えながら「何でどっちも『春」なんだ」と思った記憶があります。春巻きは広東料理なのだそうですが、新芽が出た野菜が具になったことが由来なのだとか。春雨も中国発祥ですが、向こうではそう言わないそうです。半透明な短い麺の形状が「春の雨」を想起させるのだといいます。

 

 そう考えると、普段は意識することはありませんが、「中華料理好き」ということかもしれません。麺類もいいけど「最期の日」にふさわしいかといえば、そうではないように感じるし、かといって●●料理のフルコースなどは「二つ」の縛りに外れるし、何より分不相応だし、決して食べ慣れていないし。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

飲み会で必ず盛り上がる鉄板ネタ

 飲み会のメンバーに応じて、いろんな話題が出てくるものですが、社内の飲み会ならそこにいない同僚の話題がテーマになることも多いと思います。筆者も以前、「昨日何度もくしゃみしなかった?」と聞かれ、何事かと思ったら話題の中心になったのだそうです。会話の中身は怖くて聞いていませんが。

 

 それはそれとして、人畜無害で誰もが思うところがある話題といえば「食」です。「人生最後の日に食べたいものを『二つ』教えて」というしばりなのでお酒は入りませんが、許されるなら筆者なら当然ここにお酒が入ります。

 

 「人生最後の日に食べたいもの」という話題提供の主によれば、「必ず盛り上がる鉄板ネタ」だといいます。確かにそうかもしれないとこの時感じました。その人の意外な人となりを知ることができるし、みんなが参加できるし。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

f:id:yhkhashimoto:20151028152550p:plain