広報パーソンのつぶやき

事業会社の広報担当者と広報コンサルティングの経験からコミュニケーション全般をメインに、ライフスタイル風なネタも。

30秒6億円のCMが流される番組がまもなく始まります

■50回目のスーパーボウル

 米NFL王者を決めるスーパーボウルが迫ってきました。今年は50回目のメモリアルマッチ。アメリカを代表するスポーツイベントで、視聴率は例年50%前後とか。試合は7日(日本時間8日8:30試合開始)にあります。

 

 今年はデンバー・ブロンコスvsカロライナ・パンサーズの対戦。この試合での引退をうわさされるブロンコスクォーターバックペイトン・マニングに注目が集まります。リーグMVPを歴代最多の5回獲得した名QB。2007年のスーパーボウルのMVPでもあります。

 

 対するパンサーズは12年ぶりのスーパーボウル進出。オールドファンにはなじみのないチームですが、今シーズンは一度しか負けていません。チームが創設されたのは1995年。

 

 スーパーボウルの開催地は持ち回り。今年はサンフランシスコ49ersの本拠地、米カリフォルニア州サンタクララサンフランシスコ49ers(対シンシナティ・ベンガルズは1989年のスーパーボウルでの逆転劇で知られています。

 

 大学生でお金はなくても暇もあったので、興奮しながら観戦したことを思い出します。日本では昭和天皇崩御で自粛ムード一色でしたが。

NFL スーパーボウル・コレクション: サンフランシスコ・49ers (2枚組) [DVD]

 残り時間が数十秒。その中でQBのジョー・モンタナが試合をひっくり返す逆転のタッチダウンパスを決め、スーパーボウルを制覇します。”モンタナ・マジック”とか”ザ・ドライブ”という言葉がこのワンプレイで誕生しました。

 

■30秒6億円のCM

 それだけ注目度が高いイベントなので、CM料金も膨大です。30秒CMで500万ドル前後(約6億円)で、毎年1割ずつ上がっているそうです。米国民の半数が視聴するイベントともなれば、当然かもしれません。

adage.com

 

 米国を代表するスポーツ、バスケットボールや野球、そしてアイスホッケーもチャンピオンを決めるシリーズはありますが、一発勝負の希少性はスーパーボウルだけ。それが突出した人気を支えています。

 

 なので企業側が力が入るのも当然でしょう。新型NSXや「ポケットモンスター」の20周年などスーパーボウルを照準にしたCMがすでに先行公開されています。

jp.autoblog.com

japanese.engadget.com

 

■アーティストにとっても名誉の場

 国歌斉唱とハーフタイムショーもスーパーボウル名物です。これまでもマイケル・ジャクソンローリング・ストーンズU2といったビッグネームがハーフタイムショーに登場しました。しかもノーギャラだといいます。今年の国歌斉唱はレディ・ガガが務めるそうです。

www.nfljapan.com

f:id:yhkhashimoto:20151028152550p:plain