読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広報パーソンのつぶやき

事業会社の広報担当者と広報コンサルティングの経験からコミュニケーション全般をメインに、ライフスタイル風なネタも。

「切手が長い」という記事を読んではがきの料金の値上げを知る

f:id:yhkhashimoto:20160608161305j:plain

来月からはがきの料金が52円から62円に

 子供の頃に、父の影響で切手を集めていたことがあります。周りにもそうした友達がいたので、よく交換していたことを思い出します。外国の切手は、無くしてしまいましたが、日本の切手だけは今でも手元にあります。切手を集めていた小学生の頃は、はがきの料金が10円(その後20円)、封書は20円(その後50円)でした。

 

 来月からはがきの料金が52円から62円になるそうです。(年賀状は52円で据え置かれるそう。)年賀状を出す時ぐらいしか使わなくなったはがきですが、それでもたまにビールに貼ってあるシールを集めて懸賞に応募したりするときに余っている切手を使うことがあります。

www.sankei.com

 

■「切手が長い」?

 はがきや手紙を出す機会が減って久しいですが、朝日新聞の生活面に「『切手が長い』私もです」というタイトルの記事が5月10日にありました。手元にある切手を効率的に使おうと少額の切手を組み合わせて切手の枚数が増えて、「長く」なった切手を実家の母から受け取ったというコラムに対する反響の記事です。

www.asahi.com

 

 そのタイトルから、切手を収集する当時の小学生にとっての垂涎の的だった「見返り美人」や「月に雁」のような切手の大きさが縦長のものに関する記事を想像しました。未使用なら今でももちろん使えます。額面はそれぞれ5円と8円ですが、今でも高額で取引されているのでしょうか。

 

 最近の記念切手はそうでもないようですが、昔の切手は必要以上にサイズが大きい切手が少なくありませんでした。上記の「見返り美人」や「月に雁」はいうまでもありませんが、歌麿の「ビードロを吹く娘」や写楽の「市川蝦蔵」の記念切手もかなり存在感があります。

 

 記事によると、切手を換金しようといたら「額面割れ」が判明して積極的に使うようにしたという人や、手紙を書くより長い時間を切手選びに費やしたという人の話を紹介しています。

 

 筆者も年賀状のお年玉で切手シートが当選したり、書き損じの年賀状を郵便局で5円払って新しいはがきに変えてもらったりしていると、なかなか減らないことを実感します。特に消費税増税によって2円という端数が出るようになってからは、その傾向が強くなっています。

yhkhashimoto.hatenablog.com

f:id:yhkhashimoto:20151028152550p:plain

「お詫び広告」のコレクション

f:id:yhkhashimoto:20150707165255j:plain

■「お詫び広告」のコレクション

 クライアントへの情報提供のために、「お詫び広告」を収集する方と一緒に仕事をしていたことがあります。日々の新聞チェックを通じて集めたお詫び広告のうち、回収規模が大きかったり、クライアントにとって参考になりそうだったりしたものは、客先で行われる毎月の報告会で取り上げていました。

 

 典型的なB2Bの会社での経験が長い筆者にとって、お詫び広告は縁遠いものだったので新鮮でした。その方は今でもコレクション?を今も続け、クライアントに報告を行っているはずなので、お詫び広告の蓄積は相当なものだと思います。

 

 お詫び広告は10㎝×2段の形が主流です。一紙だけに掲載するということは通常ありません。なので、任意の複数の新聞社に掲載することになります。例えば朝日新聞毎日新聞、読売新聞の三大紙の全国版に同じ広告を出すとすると、朝日と読売は約350万円、毎日は約240万円かかります。つまり、1000万円近い金額を見ておかなければならないということになります。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

 ■過去最大のお詫び広告とは?

 これまで見たお詫び広告の中で、過去最大規模だったのではないかとひそかに思っているのは、4年前に起きた冷凍食品メーカーの商品に従業員が悪意を持って、農薬を混入させたケースです。この時、全国紙はもちろんブロック紙や地方紙に至るまで3回に分けて掲載されました。

 

 しかも、第2回、第3回のときは、回収対象の商品名と商品写真がカラーで掲載された全面広告でした。こうした広告掲載料金を含め、回収にかかった費用として38億円の特別損失を出しました。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

 この会社が自主回収を発表したのは2013年12月の暮れも押し迫ったころでしたが、この事件をきっかけに食品への異物混入に対するマスコミの関心が一気に高まったと感じます。2014年のカップ焼きそばへの虫の混入、2015年のファストフード大手の商品から各種の異物混入、そして去年はツナ缶への虫の混入が注目を集めました。

 

 「消費者庁リコール情報サイト」には自主回収の対象商品が日々更新されています。お詫び広告を「出す出さない」は任意のものと認識していますが、プレスリリース発表だけでは紙面に掲載されないケースもあるため、保険として広告も打つという意味合いもあると思います。

 

 自主回収をしなければならない場合、プレスリリースによる対外公表が前提としてまずあって、万全を期すために発表した翌日付にお詫び広告が掲載されるように手配するのがよいのと思います。

f:id:yhkhashimoto:20151028152550p:plain

人生最期の食事には「春」を楽しみたい

お題「人生最後の日に食べたいご飯を教えて下さい。」

f:id:yhkhashimoto:20160314162257j:plain

■人生最期の食事には「春」を楽しみたい

 飲んでいるときに「お題」と似たような話題になったことがあります。その時は、「人生最後の日に食べたいものを『二つ』教えて」というものでした。中には食べたいものなのに「キンキンに冷えたビール」と答えるものがいたりして。6人ほどのメンバーでしたが、「●●(レストラン)の●●が食べたい」という人は一人もおらず、手作り系だったのが印象的でした。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

 かくいう筆者も「春巻きと春雨サラダ」と答えました。どちらも長年家で親しんだ手作りのものをイメージしたものです。どちらもなんてことはない食べ物ですが、外で同じメニューを食べるより明らかに自分の口には合っている気がします。やはり食べ慣れたものを最期にも食したいと思います。

 

 「春」でまとめたのは偶然ですが、そう答えながら「何でどっちも『春」なんだ」と思った記憶があります。春巻きは広東料理なのだそうですが、新芽が出た野菜が具になったことが由来なのだとか。春雨も中国発祥ですが、向こうではそう言わないそうです。半透明な短い麺の形状が「春の雨」を想起させるのだといいます。

 

 そう考えると、普段は意識することはありませんが、「中華料理好き」ということかもしれません。麺類もいいけど「最期の日」にふさわしいかといえば、そうではないように感じるし、かといって●●料理のフルコースなどは「二つ」の縛りに外れるし、何より分不相応だし、決して食べ慣れていないし。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

飲み会で必ず盛り上がる鉄板ネタ

 飲み会のメンバーに応じて、いろんな話題が出てくるものですが、社内の飲み会ならそこにいない同僚の話題がテーマになることも多いと思います。筆者も以前、「昨日何度もくしゃみしなかった?」と聞かれ、何事かと思ったら話題の中心になったのだそうです。会話の中身は怖くて聞いていませんが。

 

 それはそれとして、人畜無害で誰もが思うところがある話題といえば「食」です。「人生最後の日に食べたいものを『二つ』教えて」というしばりなのでお酒は入りませんが、許されるなら筆者なら当然ここにお酒が入ります。

 

 「人生最後の日に食べたいもの」という話題提供の主によれば、「必ず盛り上がる鉄板ネタ」だといいます。確かにそうかもしれないとこの時感じました。その人の意外な人となりを知ることができるし、みんなが参加できるし。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

f:id:yhkhashimoto:20151028152550p:plain