広報パーソンのつぶやき

事業会社の広報担当者と広報コンサルティングの経験からコミュニケーション全般をメインに、ライフスタイル風なネタも。

通訳案内士試験の合格を目指す人たちへ

f:id:yhkhashimoto:20160302164924j:plain


 12月25日のクリスマスに「通訳案内士」の合格発表がネットを通じて行われました。受かると思ってませんでしたが、土俵際で持ちこたえたようで、受験番号がありました。外国からの観光客が年間2000万人を超え、2020年の東京オリンピックを控えて、今後通訳案内士への関心も高まると思うので、これから受けてみようと思う方にちょっとでも参考になればと思い、独学での試験突破法を書いてみます。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

 一次試験は、受験する言語(例えば英語)、そして日本地理、日本歴史、そして一般常識があります、英語ならTOEIC840点以上で、一般常識ならセンター試験の「現代社会」で一定点数を取れれば免除になります。筆者は通訳案内士試験の英語の筆記はTOEICを受けていたので免除されました。日本政府観光局のHPに免除の条件などは載っています。

 

 2016年に英語を除く3科目を受験し、日本地理6割強、日本歴史8割弱、一般常識4割弱の自己採点でした。結果、一般常識が不合格となって今年の8月に再受験となりました。結果はそれでも6割強とボーダーラインでした。通訳案内士試験のガイドラインによると、一般常識は「60点を合格基準点」(日本地理と日本歴史は70点)とするとありますが、上述のように、それを下回っても合格に達することはあります。

 

■基礎学力を蓄える

 言うまでもないことですが、ガイドをしようと思う言語が一定レベルにあることは必須です。これに近道はありません。ただ、通訳案内士の試験が年に一回なのに対し、英語で受ける場合、TOEICで高得点を目指して、英語の筆記試験の「免除」を目指すという方法があります。自身もそうでしたが、TOEICを20年ぶりに受けて、この結果で受験を決意しました。まず、TOEICで腕試しという方法があります。

 

 英語以外は一から対策に着手しました。あれこれ手を出すのではなく、購入した参考書は日本地理と日本歴史で一冊ずつでした。日本地理は「旅に出たくなる地図 日本」です。

旅に出たくなる地図 日本 (旅に出たくなるシリーズ1)

 

 日本歴史は「山川 詳説日本史図録」です。どちらの本も多くの合格者が勧めている参考書でしたが、その価値のある本だと思います。写真も豊富なので眺めているだけでも違います。

山川 詳説日本史図録 第7版: 日B309準拠

 

 一般常識は最も対策が取りづらい科目でしたが、特に参考図書は買わずに国交省が毎年発行している「観光白書」をダウンロードして何度も読み返したことと、新聞を丁寧に読むことを心がけました。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

 基礎学力向上のためにテレビ番組も活用しました。日本地理ならNHKの「ブラタモリ」や日本の世界遺産を紹介する番組、日本歴史ならNHKBSの「英雄たちの選択」やEテレの「NHK高校講座 日本史」を録りだめしておいて、夕食時によく見ていました。後、Eテレの「ニュースで英会話」は英語学習と一般常識対策の一石二鳥になると思います。

 

■過去問と「ハロー通訳アカデミー」

 過去問に取り組むのは必須です。傾向がわかるし、実力を図る唯一の手段なので。過去問は以下のサイトが使えます。「ハロー通訳アカデミー」は過去問はもちろん、試験対策に関する情報がとても充実しています。しかも全て無料です。ここで配布しているプリント類には大いに助けられました。

blog.goo.ne.jp

 

 通訳案内士を目指すなら必ずチェックしておくべきサイトです。参考情報があまりに多くて驚きます。ハローアカデミー主催のセミナーにも参加したことがありますが、これも参考になりました。

 

■二次試験には「CD付きの本」を図書館で借りまくる

 二次試験の対策には、CD付きの本を図書館で借りて、それをiPodtouchで繰り返し聞き、ノートに書き起こしました。例えば以下のような本です。図書館の検索システムを使って「英語で」、「日本」という二つのキーワードを頼りにCD付きの本を探し、それを片っ端から借りてダウンロードしていきました。平日は通勤時間に聴くぐらいしかできませんが、何度も繰り返すとそれなりの効果があると思います。

英語で説明する日本の観光名所100選 改訂第2版

 

英語で「日本」を話すための音読レッスン〈CD付き〉

カラー改訂版 CD付 日本のことを1分間英語で話してみる

 

 試験の対策としては、以上です。落ちたからと腐らず、次回通るための必要な時間が得られたと前向きに考えました。また、通訳ガイドという資格である以上、旅好きが奏功したと思います。時間やお金の許す限り、好奇心をもって「努めていろんな所へ行ってみる」ことを意識することをお薦めしたいです。

 

 それが試験対策に直接つながったかどうかは微妙ですが、四国の今治での仕事の後に、道後温泉に泊まったり、大阪出張の空き時間に京都駅前にある東寺や東西の本願寺を見て回ったりしました。試験があるからこそ、「せっかくだから行ってみよう」という気になりましたから。

 

 本職の広報・危機管理の仕事には残念ながらなんのつながりもありませんが、通訳案内士の資格がお役に立てる場面をゆっくり探してみたいと思います。ちなみに本職で最近コラムを書きました。

www.sjnk-rm.co.jp

f:id:yhkhashimoto:20151028152550p:plain

 

通訳案内士にどうやらなれたようです

f:id:yhkhashimoto:20151110084107j:plain

 更新が滞っていました。その理由の一つが通訳案内士試験対策でしたが、先日合格発表がネットでありました。

 

■受験のきっかけ

 2009年に両親と北京と西安に行く機会を得て、そこで日本語の堪能なガイドに出会ったこと、そして新聞でセカンドキャリアとして「通訳案内士」をしているという記事を読んで、「これはおもしろい」、「自分でもできるかも」と思ったのがきっかけでした。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

 一次試験は英語(あるいはフランス語やタイ語などガイドが可能と思う言語)と日本地理、日本歴史そして一般常識の組み合わせです。語学に自信があっても、それ以外もなかなかハードなので、生半可な知識では簡単に打ち返されそうなレベル。高校時代までの知識がその後も維持出来ていればそれほど苦もないでしょうが、世界地理、世界史を高校時代に選択した理系男子にとっては結構大変でした。

 

 英語はTOEIC840点以上を2015年に取ったのでかろうじて免除されましたが、それ以外はガチンコ勝負。あえなく昨年は一般常識で不合格でした。一教科残しての撤退はさすがにないと思い、この夏に一般常識を受験し、かろうじて二次試験の口述試験の受験資格を得ました。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

■二次試験を初体験

 12月に行われた二次試験に与えられた一人当たりの時間はわずか10分ほどです。拘束時間は2時間ほどありましたが。二次試験の口述は一分程度の和文英訳、そして三枚のカードを渡されてそのうちの一枚についての英語でのプレゼン、プラス質疑応答でした。

 

 試験官は日本人と英語圏の人。和文英訳は試験官が読み上げた文章を頑張って聞き取ってそれを訳すというものでした。お題は「ねぶた」でした。青森の代表的な夏祭りです。日本人から英語で「訳してください」と言われ、ねぶたの紹介がありました。隣の椅子に用意してあった鉛筆と紙に要点を必死に書き込み、落ち着く間もなく英訳をしました。振り返るとかなりいい加減な英訳だったと思います。秋田に住んでいたので、ねぶた自身はよく知っていましたけど。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

■三つのお題から「お歳暮」を選択

 それが終わって三枚のカードを渡されました。自分の選んだ「お歳暮」、そして「一富士二鷹三茄子」、「お刺身」でした。良くも悪くも「どれでもいい」。そんな第一印象でした。どれになっても話せることはそう変わらないから。(日本語ならまだしも英語だし。)

 

 意を決して「お歳暮」を選んで英語で説明を始めました。大したことは話していないのだけど、「最近は行われることが減ってきた」とか「中元というのもある」というのを言いました。説明の後の英語の質問としては、「送られたことはあるか」、「誰に送りたいか」などありました。 

 

 英語の表現力のなさを痛感した10分間でした。とはいえ初めての刺激的な経験のなか、できるだけ、フレンドリーに試験官をガイドするつもりで、語彙力不足を必死にジェスチャーで補いながらこなしました。

 

 というわけで自信はありませんでしたが、クリスマスの日に図らずもプレゼントを頂きました。目指す人に少しでも参考になればと思い、自分が取り組んだ勉強法をいずれ紹介したいと思います。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 f:id:yhkhashimoto:20151028152550p:plain

 

 

上海では出国時のセキュリティチェックに気を付けよう

f:id:yhkhashimoto:20151122113556j:plain

前回訪問時の上海(外灘にて)

■6年ぶりの上海訪問

 2泊3日で上海に行ってきました。3度目の訪問です。前回の訪問は震災の年でしたので、6年ぶりです。前回は上海の代表的な観光地にもいくことができましたが、今回は残念ながらそうした余裕もなく、唯一の楽しみは食事でした。天気にも恵まれず、宿泊先のホテルから訪問先まで徒歩で10分ほどでしたし、党大会前でレストランも遅くまでやっていないということでした。

 

 中国は買って帰るお土産が難しいと言われます。その中でお茶は比較的選ばれやすいものですが、デパートは品数が豊富でティーバックでお土産用として販売している商品も多く、おススメです。ちなみに「北京ダック味」と「麻婆豆腐味」の「プリッツ」が空港の売店に置いていました。店員によると美味しいとの事で勧められるままに買いました。会社のお土産としては評判は上々でした。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

■二度目の上海ガニ

 今がちょうど旬の上海ガニを食べるチャンスがありました。一般に9月から12月がベストシーズンだとされていますが、特に「10月のメス、11月のオス」が格別だそうです。今回行ったレストランではオス3匹とメス2匹が同じ値段でした。今のレートで日本円で2000円ほどでした。

 

 上海ガニを食べたのは2回目でしたが、日本で食べられるカニと違って小ぶりなので「食べにくい」という印象は今回も拭うことができませんでした。食べられそうなところは頑張って食べましたが、上手に食べる地元の友人を尻目に、手拭きをずいぶん汚してしまいました。

 

 ちなみに上海ガニを食べるとき、その友人から「エラと心臓は食べないように」と注意を受けました。エラは不衛生、心臓は体を冷やすのがその理由ということでした。注意を受けないとうっかり食べてしまいそうでしたが。

 

■出国時の残念な出来事
 上海ガニ以外、特段の収穫にない上海出張でしたが、残念なことが一つありました。それは出国時のセキュリティチェックでの出来事です。上海の浦東(PUDONG)空港に着いて、フライトのチェックインを済ませた後に土産物を探して回り、前日に飲んだものと同じ銘柄の紹興酒が売られていたので、(日本円1200円ほどでしたが)一本購入しました。一緒に出張に行った先輩も一本買いました。

 

 荷物は預けず、機内持ち込みにしましたので、そのまま出国手続きを経て、セキュリティチェックに向かいました。キャリーバッグにショルダーバック、そして5分前に買ったばかりの紹興酒を紙袋に入れて。

 

 自分の順番が来たので、粛々とチェックを受けようとしたら、横柄な係官が紹興酒を見つけるなり、「これは持ち込み不可」だと信じられないことを言い始めます。ライターの没収は覚悟してましたが、買ったばかりの紹興酒は全く想定外でした。

 

 「さっき買ったばかりですよ。何がいけないの」と日本語でささやかな抵抗を試みましたが、言葉も通じないし、相手は杓子定規にことをすすめたいだけようなので、「没収」に泣く泣く応じました。心の中で「冗談じゃない」と思いましたが、「郷に入っては郷に従え」するしかないかなと。

 

 ちなみに先輩は、「冗談じゃない」と係官と一触即発になり、出国手続きを済ませたにもかかわらず、再び外に出て荷物を預け、出国手続きをやり直しました。なので、一度押された出国のスタンプには手書きでバッテンマークが付けられ、その隣に同じスタンプが押されていました。(笑)

 

 アメリカ入国の際のセキュリティチェックも辟易しましたが、中国では、入国はスムーズでしたが、出国が必要以上に厳しい印象です。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

f:id:yhkhashimoto:20151028152550p:plain