広報パーソンのつぶやき

事業会社の広報担当者と広報コンサルティングの経験からコミュニケーション全般をメインに、ライフスタイル風なネタも。

「良い会社に悪い広報なし」なのか?その2

f:id:yhkhashimoto:20160928190153j:plain

 

■「良い会社に悪い広報なし」なのか?②

 以前、企業取材歴の長い、ある新聞社の記者OBが「良い会社に悪い広報なし。悪い会社に良い広報なし」と力説していたことを書きました。「一理あるな」と思う反面、「いくら優秀な広報パーソンでも、その力量だけではいかんともしがたいのが、クライシスが発生した時」とも感じます。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

 つまり、緊急事態においても冷静さを失わずに、ステークホルダー側に立った判断できなければ「良い広報」 とは言えないのではないか、と。いくら平時のきめ細かな広報対応によって 、「良い会社」の評価を受けても、有事の際に、一度でもお粗末な対応をしてしまうと、一気に「悪い会社」に評価を落としてしまう。それを強く感じた広報対応が去年二つありました。

 

 それは、神戸製鋼日産自動車のケースです。神鋼は品質データの改ざんが複数商品で行われていました。また、日産では完成車の検査不正により大規模リコールに追い込まれました。神鋼も日産も日本を代表する企業の一つですし、両社の広報対応に好意的な見方をするマスコミは少なくなかったはずです。

 

神戸製鋼日産自動車の不祥事で感じたこと

 神鋼は10月8日にこの問題で初めて会見を行いました。8日は日曜でしたが、三連休の中日でもありました。このような日にわざわざ会見を行うのは極めて異例なことです。突発的な事故ならいざ知らず、その日にあえて行わなければならない理由は見当たりません。

 

 「前日夜に会見を行おうとしたが、外部弁護士に反対された」との新聞報道もありましたが、「土曜の夜はまずくて、日曜の(しかも三連休中日の)昼過ぎ」ならいいという理屈は通りません。せめて金曜に発表することはできなかったのでしょうか。本来、緊急記者会見は「早期収束の切り札」として活用すべきですが、神鋼の場合、10月だけで7回の記者会見を開くことになってしまい、そのたびに社長や経営幹部のお詫びが繰り返されました。

 

 日産は、無資格者による完成検査の不正に関する釈明会見を9月29日に行いました。国土交通省記者クラブで行った会見に出席したのは広報などを担当する2名の部長でした。今でも写真がネットに掲載されていますが、ノーネクタイ姿でお辞儀をする何ともしまらないものでした。

 

 その4日後に社長が100万台を超える大規模リコールを発表しますが、ここでも「頭を深々と下げることはせず、不祥事企業の「謝罪会見」とは明らかに違っていた」(2017年10月3日 産経新聞)と批判されました。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

■有事の際に真価が問われる広報部門

  「大したことはないと高をくくっていたのか」、それとも「『したことはない』という体(てい)を演出したかったのか」はわかりませんが、どちらにしても、危機意識が会社と社会で大きなギャップがあったために、問題を余計にこじらせてしまったと言わざるを得ません。

 

 神鋼は筆者が20年前に広報担当者をしていた会社でもあります。これまでも何度か大きな不祥事に見舞われたました。実際にそうした不祥事におけるマスコミ対応をしていた時期もあります。今回の不祥事は、それらを上回るダメージに違いありません。信頼回復は簡単ではないでしょうが、今後も見守り続けたいと思います。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 f:id:yhkhashimoto:20151028152550p:plain

 

トップ人事の記者会見申し込みタイトル私案

f:id:yhkhashimoto:20160210204841j:plain
■トップ人事の発表

 大企業のトップ交代のニュースが続いています。

 

 トップ人事と企業の合併や買収は新聞記者にとって、最もスクープしがいのあるネタとされています。年明けから3月ごろまでは特にトップ交代の発表が行われやすい時期ということで、多くの記者が他紙を出し抜こうと、日夜取材に励んでいるはずです。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

 多少早くわかったからといって日常生活には、どうということはないのですが、記者たちにとってはスクープした事実はずっとついてまわります。勲章に違いありません。同じ新聞社の他の記者を「彼(あるいは彼女)は○○(会社名)の社長人事を抜いた」と紹介するような話を何度か聞いたことがあります。

 

 記者が血眼になるネタだけに、我々広報担当者側は徹底した情報管理が求められます。ある会社では広報部内でも限られた人間しか知らされず、発表当日になって初めてその事実を知る部員もいると聞きます。それぐらい発表に際して細心の注意が必要です。もちろん記者クラブを通じて発表の申し込みをする場合も同様です。

 

■社長交代会見が「重要な経営課題」には違いないが。。

 社長人事を資料配布だけで済ますのではなく、併せて記者会見を実施することがありますが、その場合、記者クラブの幹事社に「○○の件で本日○時から会見を行います」ということを事前に申し込まなければなりません。緊急記者会見の一種ですが、開始時間の遅くとも2時間前までにこうした申し込む必要があります。

 

 そこで広報担当者が考えなければならないのは、「発表のタイトル」です。細心の注意が必要な発表内容だけに「社長交代について」というタイトルがふさわしくないのは想像がつくと思います。そのものズバリなので、発表が行われる前に「新聞がだめならネットに先に記事を書いてしまえ」とばかりにニュースが先に流れてしまわないとも限りません。しかもそれが正確であるならまだしも、違う人だとしたら大変です。

 

 昨年2月に大手航空会社が「重要な経営課題について社長出席で会見する」と記者クラブに発表申し込みがあり、何事かと様々な憶測が飛び交ったことがありました。結果として、その内容は社長交代を発表したにすぎませんでしたが、ネガティブインパクトがもたらされるのではないかと、株の売り注文も相次ぎ、株価が急落したとされます。

 

 大手企業の場合、発表の申し込みがそのまま一行ニュースとして通信社から配信されることがよくあります。「重要な経営課題について社長出席で会見する」がトップ交代だとはいくらベテラン記者でも想像つかなかったのではないでしょうか。記者をかく乱する意図はさすがになかったでしょうが、誤解を招く表現には違いありません。

 

 この日に行われた社長交代の会見でも、「経営の案件の中で重要な決定には違いないんですけれども、そういう意味ではもう少し表現がなかったかなというのは正直反省をしております」と弁明せざるを得ませんでした。

ANA、“重要な経営課題”報道で株価乱高下 篠辺社長「申し訳なかった」 - ログミー

 

■トップ人事の発表タイトル私案

 社長交代の発表では、「代表取締役の異動について社長出席で会見を行う」というタイトルで申し込むことがまず考えられます。但し、この場合、暗に社長交代だと言っているようなものです。数年に一度のトップ交代の会見ですから、広報担当者としては一人でも多くの記者を集めようとするのは当然です。なので多少のヒントを与えて、会見の重要性を記者に判断してもらうように誘導します。ただ、「トップ交代を悟られる」懸念がある以上、会見前に速報が流れてしまうことがありえます。

 

 それを避ける方法はないのかと考えてみました。例えば「重要な人事について代表取締役が出席して会見を行う」というタイトルで発表を申し込んだらどうでしょうか。

 

 記者からは真っ先に「社長人事ですか?社長は出席しますか?」と確認の電話が広報にかかってくるはずですが、イエスともノーとも言わずに「申し訳ありませんが、会見時間までお待ちいただきたい」とすれば記者をミスリードすることもないと思うのですが。

f:id:yhkhashimoto:20151028152550p:plain 

通訳案内士試験の合格を目指す人たちへ

f:id:yhkhashimoto:20160302164924j:plain


 12月25日のクリスマスに「通訳案内士」の合格発表がネットを通じて行われました。受かると思ってませんでしたが、土俵際で持ちこたえたようで、受験番号がありました。外国からの観光客が年間2000万人を超え、2020年の東京オリンピックを控えて、今後通訳案内士への関心も高まると思うので、これから受けてみようと思う方にちょっとでも参考になればと思い、独学での試験突破法を書いてみます。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

 一次試験は、受験する言語(例えば英語)、そして日本地理、日本歴史、そして一般常識があります、英語ならTOEIC840点以上で、一般常識ならセンター試験の「現代社会」で一定点数を取れれば免除になります。筆者は通訳案内士試験の英語の筆記はTOEICを受けていたので免除されました。日本政府観光局のHPに免除の条件などは載っています。

 

 2016年に英語を除く3科目を受験し、日本地理6割強、日本歴史8割弱、一般常識4割弱の自己採点でした。結果、一般常識が不合格となって今年の8月に再受験となりました。結果はそれでも6割強とボーダーラインでした。通訳案内士試験のガイドラインによると、一般常識は「60点を合格基準点」(日本地理と日本歴史は70点)とするとありますが、上述のように、それを下回っても合格に達することはあります。

 

■基礎学力を蓄える

 言うまでもないことですが、ガイドをしようと思う言語が一定レベルにあることは必須です。これに近道はありません。ただ、通訳案内士の試験が年に一回なのに対し、英語で受ける場合、TOEICで高得点を目指して、英語の筆記試験の「免除」を目指すという方法があります。自身もそうでしたが、TOEICを20年ぶりに受けて、この結果で受験を決意しました。まず、TOEICで腕試しという方法があります。

 

 英語以外は一から対策に着手しました。あれこれ手を出すのではなく、購入した参考書は日本地理と日本歴史で一冊ずつでした。日本地理は「旅に出たくなる地図 日本」です。

旅に出たくなる地図 日本 (旅に出たくなるシリーズ1)

 

 日本歴史は「山川 詳説日本史図録」です。どちらの本も多くの合格者が勧めている参考書でしたが、その価値のある本だと思います。写真も豊富なので眺めているだけでも違います。

山川 詳説日本史図録 第7版: 日B309準拠

 

 一般常識は最も対策が取りづらい科目でしたが、特に参考図書は買わずに国交省が毎年発行している「観光白書」をダウンロードして何度も読み返したことと、新聞を丁寧に読むことを心がけました。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

 基礎学力向上のためにテレビ番組も活用しました。日本地理ならNHKの「ブラタモリ」や日本の世界遺産を紹介する番組、日本歴史ならNHKBSの「英雄たちの選択」やEテレの「NHK高校講座 日本史」を録りだめしておいて、夕食時によく見ていました。後、Eテレの「ニュースで英会話」は英語学習と一般常識対策の一石二鳥になると思います。

 

■過去問と「ハロー通訳アカデミー」

 過去問に取り組むのは必須です。傾向がわかるし、実力を図る唯一の手段なので。過去問は以下のサイトが使えます。「ハロー通訳アカデミー」は過去問はもちろん、試験対策に関する情報がとても充実しています。しかも全て無料です。ここで配布しているプリント類には大いに助けられました。

blog.goo.ne.jp

 

 通訳案内士を目指すなら必ずチェックしておくべきサイトです。参考情報があまりに多くて驚きます。ハローアカデミー主催のセミナーにも参加したことがありますが、これも参考になりました。

 

■二次試験には「CD付きの本」を図書館で借りまくる

 二次試験の対策には、CD付きの本を図書館で借りて、それをiPodtouchで繰り返し聞き、ノートに書き起こしました。例えば以下のような本です。図書館の検索システムを使って「英語で」、「日本」という二つのキーワードを頼りにCD付きの本を探し、それを片っ端から借りてダウンロードしていきました。平日は通勤時間に聴くぐらいしかできませんが、何度も繰り返すとそれなりの効果があると思います。

英語で説明する日本の観光名所100選 改訂第2版

 

英語で「日本」を話すための音読レッスン〈CD付き〉

カラー改訂版 CD付 日本のことを1分間英語で話してみる

 

 試験の対策としては、以上です。落ちたからと腐らず、次回通るための必要な時間が得られたと前向きに考えました。また、通訳ガイドという資格である以上、旅好きが奏功したと思います。時間やお金の許す限り、好奇心をもって「努めていろんな所へ行ってみる」ことを意識することをお薦めしたいです。

 

 それが試験対策に直接つながったかどうかは微妙ですが、四国の今治での仕事の後に、道後温泉に泊まったり、大阪出張の空き時間に京都駅前にある東寺や東西の本願寺を見て回ったりしました。試験があるからこそ、「せっかくだから行ってみよう」という気になりましたから。

 

 本職の広報・危機管理の仕事には残念ながらなんのつながりもありませんが、通訳案内士の資格がお役に立てる場面をゆっくり探してみたいと思います。ちなみに本職で最近コラムを書きました。

www.sjnk-rm.co.jp

f:id:yhkhashimoto:20151028152550p:plain