広報パーソンのつぶやき

事業会社の広報担当者と広報コンサルティングの経験からコミュニケーション全般をメインに、ライフスタイル風なネタも。

TDRの値上げ報道があったのでOLCのアニュアルレポートを読んでみた

■入園料の値上げを決めた東京ディズニーリゾート

 東京ディズニーリゾートTDR)を運営するオリエンタルランド(OLC)が、東京ディズニーランド東京ディズニーシーの入園料を4月1日から値上げすることを決めました。いずれかで1日楽しめる「1デーパスポート」は大人で500円の値上げとなり、7,400円になります。(夕方以降に入園できる一部のパスポートには据え置きアリ。)

www.asahi.com

 

 何度かこれまで、行く機会に恵まれましたが、そのころは5000~6000円ほどだったと記憶しています。震災直後のゴールデンウイークに行ったのが最後です。爪痕が至る所に残っていたことが印象的でした。信じられないほど空いていたし。

 

 「アトラクション整備やパレードの充実で入園者の体験価値を向上させるため」というのが理由。これで3年連続の値上げだといいます。

 

 日本経済新聞によると、テーマパークの西の雄、ユニバーサルスタジオジャパンUSJ)は7年連続の値上げをすでに決めていて、TDRUSJの入園料が並ぶことになるらしい。

東京ディズニーリゾート便利帖<第3版>

■記事の掲載面 

 値上げの是非はさておき、このニュースは朝日新聞の2月9日付の記事で知りました。掲載されていたのは第三社会面(裏表紙の番組表をめくると第一、第二社会面)。ちなみに同じニュースを読売新聞では経済面、毎日新聞は朝日と同じ第三社会面でした。

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

 通常、民間企業のニュースのほとんどは経済面に掲載されます。しかし、こうした生活者の関心の高いニュースは、社会面に掲載されることがあります。書いたのは経済部の記者であっても。

 

 ■OLCのアニュアルレポートを読んでみた

 アニュアルレポートというのは、文字通り年次報告書のこと。その会社の業績、財務状況、そして事業内容が記載されているものです。義務付けられているものではないはずですが、上場企業が特に海外投資家を意識して制作されています。

 

 なので、元々は英語で作り始めた企業が多い。「せっかく英語版を毎年作るのだから日本語版も作ろう」という流れで、日本語のアニュアルレポートも珍しくなくなりました。企業にとってはコスト負担が増えますが、情報開示の流れの一環としていいことです。

 

 TDRを運営するオリエンタルランドのアニュアルレポートによると、「(入園者全体の)約7割が女性、6割強が首都圏、約5割が18~39歳、一人当たり売上高は1.1万円、平均滞留時間は約9時間」。「都内に住む20~30代の女性」というのが平均的な入園者像といえそうです。

アニュアルレポート | IR資料室 | 株主・投資家の皆様へ | オリエンタルランドグループ

yhkhashimoto.hatenablog.com

 

 国内のテーマパークの年間入園者数はTDRが2700万人超。2位のUSJ(975万人)、3位のハウステンボス(192万人)を大きく引き離してのトップであることがわかります。

 

 2023年に3000万人レベルに引き上げるのが目標の同社は、昨年から10年間で5000億円の投資を行うそう。また、「舞浜エリア外での新たな成長の柱となる事業の確立」を目指していくとも。沖縄進出が噂され、そうした報道もなされていますが、成り行きが気になるところです。

f:id:yhkhashimoto:20151028152550p:plain